業務の効率化を目指すなら顧客管理システムを搭載しよう

男の人と女の人
オフィス

サポートしてもらう

ネットショップを運営する場合、サイトの更新から商品の発送、利用者からの問い合わせ対応など多岐に渡る。これらの業務の手間を省きながら運営するために、代行業者活用がある。代行業者の選定では、業務範囲と費用の検討が重要である。

システム化する意味を考慮

パソコンを操作する人

管理はエクセルでも可能

顧客管理についての重要性を理解している企業は多くなっています。しかしどうしても顧客管理を行うためには専用のシステム導入が必要不可欠と考えていることが多いのも事実です。コスト的な問題が阻み、導入へ至っていないケースも多いのです。しかし顧客管理は別に専用の高価なシステムを導入しなくても行う事ができます。オフィスが導入されているパソコンであれば、アクセスやエクセルなどでも管理することができます。もちろん数の限界こそありますが、目に見えるように管理することができるため、すぐにでも始めることができるのです。顧客管理を行う上でその目的とアウトプットのイメージは重要です。顧客管理を行うことでどのような結果を導きだしたいという明確なビジョンが定まっていないと、エクセル管理でも、高価なシステム管理でも成果を出すことができないのです。ダイレクトメールを送信するためのリストを作成するのであれば、エクセル管理でも十分です。しかしシステムを導入することでこの顧客に対してメールを自動的に配信することができるようになります。ネット販売顧客に対してお礼のメールを送信することもリアルタイムでできるメリットがシステムにはあります。エクセルで管理しきれない部分をシステムで管理することができるようになるのが最大のメリットです。しかしこのアルゴリズムは設計時に導入しなければならないため、顧客管理システムの構築は難しくなっているのです。

スーツの人達

海外企業か国内企業か

現在、SFAのベンダーは海外資本の企業と国内勢とに分けることができます。海外企業のシステムは、導入コストが安いことや製品開発のスピードが早いことが特徴です。一方、国内企業の営業支援システムは、日本の営業スタイルに合わせて柔軟にカスタマイズできるのが特徴となっています。

通話

代行利用で円滑なビジネス

電話代行は、スタッフが電話対応が難しい時でも、パーフェクトな応対をしてもらえる便利なサービスです。シーズン限定で利用することも出来ますので、様々な状況で役立ちます。東京のサービスは低料金で利用が可能で、オプションサービスも豊富です。